フラット35

住宅ローンの基礎知識

フラット35のメリット

スポンサーリンク

住宅ローンの代表格に挙げられるのは、旧住宅金融公庫が母体でる住宅金融支援機構と民間金融機関だ手を組んで提供する2003年に誕生した住宅ローン商品の「フラット35」です。

この住宅ローン商品は、銀行や信用金庫等の各金融機関の他、ノンバンク等でも幅広く取り扱われる住宅ローンです。

フラット35の特徴は、何と言っても住宅ローン返済時点での利率とそれに伴う返済額が、確定しその後変動しないことにあります。

フラット35の利用希望者は、フラット35の融資基準をクリアする物件であるか否かを証明する適合証明機関の証明書の交付を受け、各金融機関にフラット35の申し込みを行います。

各金融機関はこれを住宅ローン債権として債権化し、これを住宅金融支援機構が買取現金化して買い取り代金を各金融機関お金を支払います。

この住宅債券の処理方法は、住宅金融支援機構が債権を買い取る「買取型」と保障を行う「保障型」があります。

住宅金融支援機構では、この住宅債権を信託銀行に信託したり、市場の投資家に債権を売却することで債権リスクを転嫁分散させます。

このことで金利変動リスクを回避し、最大35年間という長期に渡る一定の金利を維持する住宅ローン商品が生まれました。

各金融機関の最大の悩みは、長期間における金利変動のリスクを負いきれないことにあったのですが、このフラット35のシステムによって、長期固定金利型の住宅ローン商品の取り扱いが安心してできるようになったのです。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件