民間住宅ローンの利点

住宅ローンの基礎知識

民間住宅ローンの利点とその注意点

スポンサーリンク

民間金融機関が提供する住宅ローン商品は、各金融機関の販売競争により、住宅ローンの利用条件に各社にかなりの幅があります。

融資を受ける際に避けては通れないのが融資審査ですが、この融資審査の基準が各金融機関で異なります。

融資基準は、金融機関内部の経営方針や営業方針、また住宅ローン利用希望者個人の印象によっても影響を受けるので、何社も融資を断られても最後の1社の融資を受けられたということもあります。

住宅ローン融資を受ける際には、何社かの金融機関の住宅ローン商品を検討し、最低2、3社の金融機関に申し込むことをお勧めします。

民間金融機関の融資条件は、住宅ローンの利用者の年収や頭金、勤め先等に重点が置かれていますが、物件その物については、確定した標準的基準はなく、当該物件個別の担保価値を評価して審査されます。

この点、住宅金融支援機構が提供するフラット35では、融資を受けうる物件の条件が明確に規定されています。

民間金融機関が提供する住宅ローンの大半は、変動金利型なので、金利上昇リスクを住宅ローン利用者が背負うことになります。

金利が著しく上昇すれば、毎月確実に返済していても元金が少しも減少しないといった危険もあります。

大変難しいことですが、変動金利型の住宅ローンを利用されている方は、常に金利状況に注意している必要があります。

先述の通り、各金融機関では、住宅ローン商品販売激化に伴い、各社個性ある商品や支払いシステムを提供しています。

代表的なものに、普通預金の額があらかじめ設定した額を超えれば、その分自動的に繰り上げ返済に充てるシステムや、家計に合わせて毎月の支払い額を増減できる住宅ローン商品も開発されています。

住宅ローンも金融商品という”商品”なので、日々新しい”商品”が開発されています。

住宅ローンを利用しようとする者は、これらの情報に敏感でなければ賢い住宅ローンの利用をすることができません。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件