住宅取得目的贈与税非課税枠

住宅ローンの基礎知識

住宅取得目的贈与税非課税枠適用の条件とは

スポンサーリンク

住宅取得希望者にとって、住宅取得目的に対する贈与税非課税枠の拡大は、歓迎すべき税制の改正と言えますが、この贈与税非課税枠制度の適用を受けるためには、ある一定の条件をクリアする必要があります。

先ず、贈与する側は、実の親や祖父母、及び曾祖父に限定されます。

嫁ぎ先の親等の義理の親からの贈与も対象になりません。

また、贈与を受ける方も、年齢が20歳以上であることや年収が2000万円を超えないこと等の条件を充たす必要があります。

当然のことながら、贈与を受ける側は、住宅購入のためにこの資金を使わなければなりません。

ただ、従来の贈与税非課税枠の110万円までならこのような条件は必要ありませんので、目的や使用法等について制限はありません。

これまでの贈与税の非課税枠で1610万円の贈与を受けると、支払わなければならない贈与税の額は500万円をはるかに超えてしまいます。

この結果、1600万円を超える贈与を受けても、その実質は1000万円程度になってしまいます。

2011年度は、贈与税非課税枠が2010年の1500万円から1000万円に縮減されましたが、本来の贈与でい非課税枠の110万円に比べはくかに高い非課税枠を現在も有しています。

贈与を受けられそうな人は、この機会にこのことの相談を切り出してないかがかと思います。

住宅ローン債務は、元本も多額な場合が一般的ですが、その利息も債務の多くの部分を占めています。

この住宅取得目的のための贈与税非課税枠の拡大を利用して、元本にこの贈与資金を投入すれば、非常に多額の住宅とーン債務の利息を軽減できます。

また頭金にできれば、頭金の多寡は、思った以上に返済額に影響を与えるので、できればこの時期に非課税枠の利用を検討すべきです。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件