大型住宅ローン控除

住宅ローンの基礎知識

大型住宅ローン控除の留意点

スポンサーリンク

今回の過去最大級とも言える住宅ローン控除は、御承知の通り100年に一度とも言われる経済金融危機に対処する景気刺激策として導入されました。

現在の金融機関の状況をみると、金融機関の貸し出しは住宅ローン融資にシフトしていると言えます。

企業の資金需要が薄い分、個人の住宅ローンに貸出先の重点を置いているように見受けられます。

また、この大型住宅ローン控除制度により、住宅ローンの借入金額が引き上げられ、より一層の住宅ローンの組める環境が整ったと言っても良いと思います。

この住宅ローン控除により、住宅購入予定者が諦めていた今までの返済能力を超えるハイグレードな高額物件に少し無理をすれば手が届くのではないかとの期待が持てるかもしれません。

更に長引く不況の影響で金利は超低水準をキープしていますし、あこがれの高額物件を手に入れるチャンスとも考えられます。

しかし、本当にそうでしょうか。住宅ローン返済は、長くは親子に渡ることもある息の長い返済です。

あこがれの物件を手にしたとしても、返済期間は長く、例えば金利変動型の住宅ローンやある一定期間後に金利が変わる住宅ローンを組んだ場合には、金利上昇のリスクは自分で負わなくてはなりません。

金利の上昇は、思っているより強力に家計を圧迫します。

そこで、将来にわたり充分で余裕のある返済計画をシミュレーションすることが肝要です。

今回の住宅ローン控除制度は、確かに魅力的ではありますが、時流に乗せられることなく、また、売り手のセールストークに流されずに、客観的に自分の家計生活状況や制度の詳細を把握することが住宅購入の際に最も心掛けることです。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件