住宅ローン減税

住宅ローンの基礎知識

住宅ローン減税の手続き方法

スポンサーリンク

住宅ローン減税の還付をを受けるには、最寄りの税務署に確定申告をすることが 必要です。

しかし、確定申告は会社員の方には慣れないので苦痛をい感じるかもしれませんが、税務署で説明を受けながら申告すれば簡単に終えることが出来ますし、しかもこの申告は住宅取得した初年度のみ必要なことです。

申請に必要な書類は、確定申告書、購入物件の売買契約書、住宅借入金取得等特別控除額の計算明細書、住民票、不動産登記記録の写し、源泉徴収票、住宅ローンの年末残高証明書が必要です。

これらの書類も勤め先や施工した工務店や不動産会社に訪ねれば容易に集めることが出来るので心配は要りません。

サラリーマンの場合は、2年目以降会社に必要書類を提出すれば年末調整で還付されます。

年末調整時にはほとんどの会社で、住宅ローン控除の手続きについて説明してくれるはずなので、問題はまずないと言えるでしょう。

勤務先に「給与所得者の住宅借入金等別控除申請書」と税務署から届く「年末調整のための住宅借入金等特別控除証明書」、金融機関から送られた「住宅取得資金に係る借入金年末残高証明書」の以上3点の書類提出で、手続きは完了します。

ただ注意点として、平成19年の所得税の国から地方への財源移譲によって、住宅ローン減税の不足分は住民税から還付されるようにななったので(実はこのことがこの制度の目玉ともいえるのですが)その不足分の還付を受けるためには、年末調整とは別に各市町村町に 申請書を提出する必要があります。

また、住民税についての別途減税手続きは不要で、所得税が決定する過程で税務署から各市町村に連絡が行き、自動的に住民税も控除される仕組みになっています。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件