繰り上げ返済

住宅ローンの基礎知識

繰り上げ返済は総返済額の大幅カットを実現する

スポンサーリンク

繰り上げ返済とは、当初の返済計画とは別に、ある程度まとまったお金を一時金として住宅ローン債務の”元本”返済に充てることで、内金と呼ばれることもあります。

繰り上げ返済の種類は、当初の返済期間を短縮する「期間短縮型」と期間はそのままで、毎月の返済額を減少させる「返済額軽減型」の2つがあります。

差し入れられた一時金は全て元本返済に充填されるので、その繰り上げられた期間に本来支払うべき利息がカットされ、返済額が大幅にカットされる大きな利点があります。

「期間短縮型」での繰り上げ返済は、その返済された額が元本に充てられ、その期間の返済が飛ばされ、その分の利息もカットされるので返済額減少の大きな効果を生みます。

繰り上げ返済返済には、「期間短縮型」と「返済額軽減型」の2種類がありますが、利息軽減効果がより高いのは、「期間短縮型」です。

住宅ローン融資のの審査に際しては、年収に対する住宅ローンの返済負担率が重要で、返済負担率が低ければそれだけ審査に通り易くなるのも現実なので、そのことを理由に毎月の返済額を引き下げ、35年目いっぱい使い住宅ローンを利用する方もいます。

しかし、35歳で住宅ローンの支払いを始めても、返済を完了するには70歳までかかります。

つまり、通常の定年年齢を超えて10年間も返済を続けることになります。

理想的な住宅ロン返済の完了時は、定年までとされています。

退職金で完済する計画をもっている方は、退職金に依存しない完済方法を考えておく方が 賢明な住宅ローンとの付き合い方だと考えます。

そこで、少しでも資金に余裕が出来たら、繰り上げ返済を検討することが、賢い住宅ローン返済のために先ず検討しなければならないことと言えます。

ただ、変動金利型住宅ローンの一種である固定金利期間変動型の住宅ローンでは、固定期間中に繰り上げ返済を行うと通常より高い金利がかかるので、注意してください。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件