繰り上げ返済 返済計画

住宅ローンの基礎知識

繰り上げ返済を前提にした返済計画が重要

スポンサーリンク

通常の住宅ローンは、最長35年間の返済期間まで利用することができます。

例えば35歳の方がこの35年住宅ローンを利用すれば、返済完了時には、70歳になります。

35年間という長期間、住宅住宅ローンという名の債務を気にして生活して行かなければなりません。

特に、退職金で完済することをお考えの方は、もう一度資金計画を検討し直した方がよいと思います。

退職金は老後のための大切な生活資金です。

住宅ローンは、原則として定年前までに返済完了する返済計画を作成すべきです。

繰り上げ返済の効果は、最近書籍や金融機関のネット、宣伝広告でかなり一般に認知されて来ましたが、まだまだ繰り上げ返済の効果も認め、繰り上げ返済を行った方が良いと分かっていても、実際に繰り上げ返済した方は、各住宅ローン利用者のうち40%に満たないのが現状です。

繰り上げ返済最低額は、住宅金融支援機構では1回につき100万円以上を要求していますが、各民間金融機関では、その返済可能額が非常に少額に抑えられてきていますし、繰り上げ返済手数料が要らない金融機関も増加しています。

金利が著しく低いことが現在の住宅ローンの特徴となっていますが、この低金利状態を利用してできる限り繰り上げ返済することをお勧めします。

実際に住宅ローンを組んで返済してみると想定外の出費がかかり、思った以上に家計が大変だと感じる方も多いとは思います。

家計の再度の見直しで、経費を削減し住宅ローン債務をなるべく早く、効果的に減少させる努力が肝要です。

また、例え毎月の家計に余裕を持たせる意味で35年ローンを組んだのであれば、住宅ローン返済計画の前提として繰り上げ返済の予定もその背後に忍ばせておくことが住宅ローンに翻弄されない生き方だと感じます。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件