短期固定金利選択型

住宅ローンの基礎知識

短期固定金利選択型や変動金利型住宅ローンにおける繰り上げ返済の重要性

スポンサーリンク

短期固定金利選択型住宅ローンは、2,3年といった比較的短い期間の金利が固定され、その期間が終了すると変動金利に代わる変動金利型住宅ローンの1つです。

この短期固定金利選択型住宅ローンや初めから金利が変動する変動型住宅ローン利用者には、常に金利上昇のリスクが伴います。

これらの金利型の住宅ローンは、長期固定金利型住宅ローンに比べ、1.5%以上の低金利が設定されているので、住宅ローン商品界における、ハイリスク・ハイリターン(総支払額が抑えられるが、厳密な意味でのリターンはない)商品と言えます。

また、金融機関が提供する、キャンペーン金利を利用して住宅ローンの借り入れを行うことも、キャンペーン金利終了時の金利上昇を考えるとそのリスクを検討しない訳にはいきません。

このような金利上昇リスクは、これらの住宅ローンを利用するものが自己責任で回避する必要があります。

そこで、繰り上げ返済がこのようなリスク回避のための重要な検討課題となります。

繰り上げ返済は、「返済期間短縮型」であれ、「返済額軽減型」であれ、繰り上げ返済金は借り入れた元本に充当されるので、利息を効果的に削減でき、金利上昇のリスクを吸収する効果があります。

また、変動金利型住宅ローンを今後も続けて行く方は、今の超低金利状態を利用して、長期固定金利住宅ローンなら現在どれ位の返済をしなくてはならないのかを算出して、その差額を繰り上げ返済に回せば、今後の住宅ローン返済がとても楽になります。

現在は稀に見る低金利状態なので、その低金利を最高に利用する変動金利型住宅ローンの利用者は、更にこの効果の活用と将来の金利上昇リスクの回避を並行して行くのが、賢い住宅ローンの利用と言えます。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件