借り換えが有利

住宅ローンの基礎知識

借り換えが有利な場合とは

スポンサーリンク

借り換えは、金利の高い長期固定金利住宅ローンから金利の低い変動金利型住宅ローンへの借り換えが最も有効な姿ですが、借り換えは新たに住宅ローンを組むので、無料でできるわけでなく、登録免許税や保証料、司法書士への事務手数料、印紙税等の借り換え諸費用が必要です。

このような諸費用は意外と高額なので、このような諸費用をがかかっても、なおかつ借り換えのメリット享受できることを確認して借り換えをしなくてはなりません。

借り換えにメリットがある方の一般的指標は、

1.住宅ロン残高が1000万円を超えている

2.返済期間が10年以上ある

3.現在返済中の住宅ローン金利に比べ、乗り換え先の金利が1%以上低いといった3点であると言われています。

借り換えは新たに住宅ローンを組むことなので、いか様にも返済計画を変更することができます。

残りの返済期間を借り換え前の住宅ローンと同じにすることも、借り換え前の返済額と借り換え後の住宅ローン返済額を同額程度にすることもできます。

この点では、借り換え後の住宅ローン返済額をそれまでのローンと同程度にするのがお勧めです。

何故なら、借り換えによって金利が下がった分返済期間が短縮され、それに伴う利息支払い金額が減少する幅が大きくなるからです。

多額であり返済期間が長期に及ぶ住宅ローン債務では、金利が返済の大きなポイントとなります。

常に元本に対する利息を検討し、その前提として元本をいかに効果的に減らせるのかを考える必要があります。

また、借り換えはそれまでの住宅ローン返済額と同等にするのが有効ですが、家計によって求めるものも違いがあると思いますので、借り換えの際は、借り換え金融機関で必ず上記2つの借り換えパターンの試算を行って貰ってください。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件