繰り上げ返済 優先

住宅ローンの基礎知識

繰り上げ返済における優先順位の検討

スポンサーリンク

繰り上げ返済は、総返済額の減少のために大きな効果がある返済方法ですが、この繰り上げ返済でより大きな効果をもたらすようにするためには、どのような基準で繰り上げ返済を実行すれば良いのでしょうか。

より大きな効果を上げるための繰り上げ返済の原則は、金利の高い住宅ローンや借入金額の高いものから順に、期間短縮型返済で行うことです。

しかし、住宅ローン債務者の中には、金利は高くても少額の借り入れであるとか、金利は低いが借入金額が多額な住宅ローンを合わせて利用していることもるでしょう。

こんな場合は返済の原則に照らしても、どれから返済して良いか迷うかもしれません。

複数の金利の異なる住宅ローンを利用し、住宅ローン返済額をとにかく減少させたいなら、金利の高いものから繰り上げ返済し、その後借入金額の多い住宅ローンに対する繰り上げ返済を行うのが常道と言えますが、繰り上げ返済では、金利差や借入金額の差で様々なので、借入金額とその利子から計算される支払い金額の試算を行ってみてください。

住宅ローンの借り入れを行った金融機関等でも、このような試算の相談に応じてくれますので、繰り上げ返済に迷ったらすぐに相談された方が良いと言えます。

最後に、繰り上げ返済しても総返済額から繰り上げ返済によって減少した現金が返還される訳ではないので、各家庭のライフスタイルやライフプランに応じた繰り上げ返済を検討しなけらばなりません。

返済額を少しでも少なくしようとして、現在の生活に支障をきたすことのないよう、繰り上げ返済については十分な検討が必要です。

数種の債務に対して債務額に対して按分して繰り上げ返済する方法も有効ですが、ただ一つ言えることは、何種類かの住宅ローンや債務を抱えるうち、その1つでも先に完済すれば肩の荷がおり、精神的にはかなり楽になることも経験上事実です。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件