住宅ローン融資

住宅ローンの基礎知識

住宅ローン融資実行の注意点

スポンサーリンク

住宅ローン商品の種類は数多くあり、これを選定するには多くの情報を集め検討しなければなりませんが、実際に融資が振り込まれるまでも初めて融資を受ける方にとっては不安感があるので、その過程を知っておくと安心です。

住宅ローンの借り入れは、住宅購入作業と同時進行します。

先ず、希望する住宅ローンが決定したら、金融機関等の仮審査を受ける必要があります。

仮審査の項目は各金融機関で様々ですが、一番重要なのは収入に対する住宅ローンの返済負担率です。

また、自動車や各クレジット返済額等も考慮されるので注意が必要です。

仮審査をクリアできれば本審査に入ります。本審査は、住宅の売買契約後すぐに申し込み、前年の収入を証明する書類(源泉徴収票等)や住民票、物件の売買契約書等が必要です。

通常の不動産取引では、不動産業者が介在し、これらが扱う物件を購入する場合は、提携ローンが用意されているので、この提携ローンを利用する場合は、これらの書類のやり取りを不動産業者に一任するのが一般的です。

住宅ローンは何故物件契約と同時に又はそれに先んじて申し込まなければならないかと言うと、もし、住宅の売買契約後に住宅ローン融資の本審査の申し込みを行っても、住宅ローン融資本審査をクリアできない事態も考えられるからです。

また、融資審査をクリアできない時に備えて、物件の契約書類の受け渡しの過程で、住宅ローン審査が通らない時は、住宅の売買契約そのものをキャンセルすることが出来る特約を結ぶことも出来ますので、不安のある方は、この特約を売買契約の条項に入れておくことをお勧めします。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件