住宅ローン ポイント

住宅ローンの基礎知識

住宅ローン返済のポイントは「低い」「少ない」「早い」

スポンサーリンク

住宅ローンの総返済額は、住宅ローン借入金利、返済期間、借入額で決まります。

このうち金利問題がが住宅ローン借入にとって一番影響を与えます。

毎月の支払い額はなんとか低く抑えたいものですが、この金利のことを考えると総返済額は、支払い期間を長期にすればするほど増加します。

住宅ローン返済にあたっては、なるべく低い金利で資金を調達し、それにより総支払額を可能な限り抑え込み、そのために短期間での返済計画を実行することが、住宅ローン返済のポイントといいてよいでしょう。

住宅ローンの返済方法には、元金と利息を合計した金額を毎月一定額返済する「元利均等返済」と元金部分を毎月一定して返済する「元金均等返済」の2つの方法があります。

住宅ローン返済では、借入元金にその額に対する金利を上乗せして総返済額が決定され、それに付随して毎月の返済額が決められるので、「元利均等返済」では、毎月の返済額の多くが先ず利息部分に充填され元金が減りにくく、元本額が一定額確実に減少する「元金均等返済」に比べて多くなります(元金が毎月元利均等返済に比べ大きく減るので、それに対する利息もかなり急速に減ります)。

このように「元金均等返済」の方が「元利均等返済」に比べ総返済額において有利なのにもかかわらず、返済方法の多くは、「元利均等返済」で行われています。

この原因は、「元利均等返済」の方が住宅ローン返済当初の返済額が少ないことや収入に占める住宅ローンの返済額の負担率基準が、当初の支払い額が多い「元金均等返済」ではクリアできないこと等が考えられます。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件