金利タイプ

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの金利タイプの基本は2つ

スポンサーリンク

住宅ローンは、住宅購入のために金融機関からお金の借り入れをするので、当然に利息が発生します。

住宅ローンの毎月の返済額は、支払い方法による割合は違うものの、元金(元々借入した金額)とこれに伴う利息の合計です。

そしてこの利息を発生させる金利型は、基本的に固定金利型と変動金利型との大きく2つに分けることができます。

なお、固定金利期間選択型いう返済当初固定金利で一定期間後に変動金利になる住宅ローンもありますが、この住宅ローンは、変動金利型に分類されます。

固定金利型は、金利が固定され返済当初から返済終了まで、予め決められた金利が変化しない住宅ローンです。

これに対し、変動金利型は、返済期間中、短期プライムレート(金融機関が企業等に貸し出す最優遇金利で貸し出し期間1年未満のもの)等の市場金利の変動に住宅ローン金利を連動するものです。

しかし、この変動金利型は、市場金利の変動に即対応してすぐにローン金利が変動するのでは有りません。

半年に1度適用される金利の見直しを行いますが、元利均等返済方式での返済額は、半年単位で変動することなく、金利の増減分は、当初の5年間、返済額の元金返済部分と利息返済部分との返済割合を変えることで、毎月の返済額を一定にするような仕組みをとっています。

5年後には、その時点での元金の未返済部分とその後の返済期間を考慮した新たな金利で住宅ローン返済の再計算を行います。

住宅ローン金利では、通常固定金利型に比べ変動金利型の方が低く設定されています。

しかし、金利が上昇すれば、固定金利型より金利が上がる可能性もあります。

ただ、急激な上昇から住宅ローン利用者を守るため、金利上昇による返済額増加の場合でも、新返済額は当初の1.25倍を限度とするセーフティーネットがあります。

ただし、これセーフティーネットが適用されるのは、変動金利型のみで、固定金利期間選択型住宅ローンには適用されません。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件