住宅ローン金利

住宅ローンの基礎知識

住宅ローン金利型の特徴

スポンサーリンク

住宅ローンの金利型には、大きく分けて返済当初から終了まで金利が変化しない固定金利型と市場金利の変化に伴って変動する変動金利型の2つ金利型があり、変動金利型の一種として固定金利期間選択型があります。

この金利型は、よく5年間固定金利とか3年固定金利等と表示されていますが、この3、5等で示された年数の一定期間内は金利が固定されますが、一定期間終了後には、変動金利型か又は何年間かの固定金利を選択することになります。

固定期間終了時に金利が上昇していれば、その時点での金利が適用されるので注意が必要です。

ただ、金融機関によっては、このようなリスクに対応した住宅ローン商品も提供されているので、借り換え等も含めてよく検討することが重要です。

各金利タイプの特徴をまとめると、固定金利型では、ローン金利が返済期間を通じて変化しないので安定した返済計画を建てることがでます。

この点では低金利時代の借り入れは有利だと言えますが、高金利時代に借り入れたものは、借り換えを含めて検討しなおした方が良いと言えます。

次に変動金利型では、返済期間中金利が変動するので、金利上昇のリスクを抱えます。

しかし、一般的に変動金利型は、固定金利型に比べ金利が低く設定されているので、現在の低金利を生かしたいとお考えの方に適する金利型と言えます。

最後の固定金利選択型は、ある一定期間金利が固定され期間終了後金利が見直され、一定期間については、固定金利型のメリットをもち、固定期間が短い場合には、変動金利同様のリスクを抱えます。

また、変動期間中の繰り上げ返済が出来ないので注意してください。

このように各金利型には、それぞれ利点、欠点がありますが、金利動向や利用者の状況等でどの金利型が最適であるかが変化するので、賢い住宅ローンの利用のためには、インターネット等で情報を得たり、住宅ローン融資担当者と納得いくまで検討することが肝要です。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件