返済方法

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンの返済方法

スポンサーリンク

住宅ローンの返済方法と言われても初めての方は具体的なイメージはつかみにくいと思いますが、住宅ローンの返済方法とは、元利均等返済と元金均等返済の2種類の返済方法のことを指します。

良く似た言葉で分かりにくいのですが、元利均等返済とは、元金(実際の借り入れ金額)とその元金に対する利息部分を合計して毎月の返済額を一定にした返済方式です。

この返済方法では、返済当初は元金額が多額で、それに対するする利息も高いので、返済額を毎回一定にしようとすると、支払い当初はどうしても返済したお金は利子の方に多く振り向けられることになります。

つまり、ある程度返済がすすまなけれが、思った以上に元金は減少しないのが実感です。

これに対して、元金均等払いとは、元金部分を毎月均等に返済する返済方法です。

元金均等返済では、元金だけを均等に返済していくので、当然借り入れ当初は元金の額が大きくそれに伴う利息部分も大きいので、当初の返済額は、元利均等返済よりも高くなりますが、返済が進むと元金が減少することで利息がかなりの勢いで減少するので、総支払額は、元利均等返済方式に比べ少なくて済むという特徴を備えています。

ただ、元利均等返済方式は、毎月の返済額が変化しないので、長期にわたる住宅ローンの返済計画が立て易く、当初の返済額も元金均等返済方式に比べ安いといったメリットもあります。

一般的な返済方法の選択は、返済当初の返済額を抑えたいと考える方は、元利均等返済を、収入に多少余裕があり、利息部分の支払いを抑えたい方には元金均等返済が適していると思います。

ただし、家計に余裕が生まれれば繰り上げ返済という手段も使えるので、あまり当初の支払い額について無理をしなくてよいと思います。

いずれの支払い方法でもこれらの支払い方法の特徴を理解し、自分の生活に照らしてどちらが自分に適しているか検討することが最も大切なことです。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件