優遇金利

住宅ローンの基礎知識

優遇金利とは

スポンサーリンク

各金融金融機関は、ある一定の条件をクリアした住宅ローン利用希望者に対して、住宅ローンの優遇金利策をとって顧客の獲得に乗り出しています。

これは住宅ローンに限らないことですが、銀行等の金融機関が融資を行う場合は、その焦げ付き(債権回収不能リスク)が一番気になります。

金利はこの債務不履行の危険と連動して動きます。

つまり、焦げ付きの危険が少ない融資は、その分、金利が低く設定されています。

これがいわゆる優遇金利と呼ばれるものです。

特に大企業に何年も勤めている方や公務員の方等は、最高限度の優遇金利を享受できる可能性があります。

優遇金利は大きく分けて、優遇金利期間が限定されているものと全期間優遇の2タイプあります。

期間限定の優遇金利は、住宅ローン返済当初に大幅な金利優遇が受けられるタイプです。

期間限定型の優遇金利を利用は、この低い金利を利用し、返済当初から住宅ローン債務の繰り上げ返済を行う方にとっては、大変大きな総支払額減少となります。

また、これによって当初計画した返済期間も短縮できる可能性も生じます。

このタイプの優遇金利は、初めから返済期間が短めの方や繰り上げ返済を出来るだけ実行して行こうとお考えの方にも有効な金利タイプと言えます。

次に全期期間優遇金利タイプでは、長期間一定した返済をお考えの方に適していると考えます。

いくら返済当初の金利が安くても、10年位たち金利が上昇するのでは、安定した返済計画が立てられないので不安であるとお考えの方等に適した金利タイプです。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件