住宅ローン融資の金利

住宅ローンの基礎知識

住宅ローン融資の金利は、融資実行日に決定する

スポンサーリンク

住宅ローンの利用で最も気になることの1つに、金利がどれ位になるかといった問題がありますが、一般的な住宅ローンである住宅金融支援機構のフラット35や銀行等の民間金融金融機関の住宅ローン融資の金利は、実際に融資される日まで実際に適用される金利は決定せず、適用金利は、融資実行日の金利が適用されます。

マンションや一戸建て住宅を購入する場合、モデルルームを見て気に入り契約しても、その完成には半年以上かかったり、一戸建て注文住宅では、工務店等との請負契約が完全に履行され引き渡しを受けて入居となるので、入居まで1年以上の時間を要することさえあります。

そこで問題となるのが住宅ローンの金利はいつ時点の金利が適用されるのなということです。

先述の通り、適用される金利は融資実行日の利率が適用されるので、たとえ金利が低い時契約していても、いざ本当に融資を受ける際には金利が上昇していることも考えられるのです。

住宅ローン融資には、財形住宅ローン融資という数少ない公的融資があり、この融資は、住宅ローン申込時点の金利が適用されるので、この点では安心して融資を受けることが出来ます。

一般企業にお勤めの方で、財形貯蓄をお持ちの方はこの危険に備えて、双方の住宅融資に申し込んでおくことも検討の余地ありです。

申し込んだ住宅ローンをキャンセルしても違約金は発生しません。

現在は史上稀に見る低金利状態なので、いつ金利上昇に転ずるか分かりません。

入居まで時間のかかる住宅の購入を予定されている方は、住宅ローンの融資金利は、一般的住宅ローンでは、融資実行日に決定することを御承知おきください。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件