返済条件

住宅ローンの基礎知識

返済条件の変更

スポンサーリンク

住宅ローンは多額の債務であり、通常その返済期間も長期に及びます。

長い返済期間中には、勤め先や家族の中の状況が大きく変化する事態に遭遇することもあります。

住宅ローンの返済が何らかの事情で一時的に苦しくなっ時は、いち早く借り入れた金融機関に事情を申し出て、返済条件の変更をしてもらうことが重要です。

返済条件の変更には、返済期間を延長するものやボーナス併用返済をなくし、毎月返済のみに変更すること、また、一定危難のみの返済額を減らす方法等、様々な返済方法の変更があります。

自分一人でなんとかしようとその場しのぎをすることなく、なるべく早めに相談しましょう。

返済が一時的に苦しくなってもこのような返済条件を変更することで、逆に家計に余裕が出来た時には、返済額を増やしその分の埋め合わせもすることができます。

住宅ローンは、先述のように長期間に渡る返済なので、金融機関の方でも債務者のリスクを考量して、なるべく柔軟な対応を心掛けています。

どのような返済条件の変更が可能なのかは各金融機関で様々なので、万一のことも考えて、住宅ローンの借入先金融機関の住宅ローン商品を選ぶのも、賢い住宅ローン利用のためには、必要な事かもしれません。

返済条件の変更のためには、再度審査の必要に迫られ、手数料もかかるることがありますが、とにかくそのまま放置せず条件を金融機関から貰うことが重要です。

なお、返済期間を短縮する返済計画の変更は、年収に占める毎月の返済額が増加するので、返済負担率が基準を超えないか否かが審査され、また、元利均等返済を元金均等返済に変更する場合も、当初の返済額がそれに伴い上昇するので、再度の審査が必要となります。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件