キャッシュフロー

住宅ローンの基礎知識

キャッシュフロー表でのリス管理が重要

スポンサーリンク

キャッシュフロー表とは、よくファイナンシャル・プランニング技能士が資金計画の相談の際に作成するもので、家計の収支のデータや貯蓄残高や資産を基に、家計の将来の予測年表的なもので、家計の年次別一覧表と言えるものです。

将来のことはだれにも正確には予測できませんが、このキャッシュフロー表の作成で、将来起こり得るリスクやお金の流れを発見することができます。

また、このキャッ不フロー表を作成することは、今ちょっとしたブームである保険の見直しにも威力を発揮します。

キャッシュフロー表に、いわゆる住宅ローン返済額以外の住居費を書き込み、ある住宅ローン金利を想定して毎月の返済額を算出して家賃と比較します。

購入後にもある程度の貯蓄が可能かどうかや教育費の増大に家計が耐えられうか否かを年ごとにシミュレーションします。

もちろん、このキャッシュフロー表には、親からの贈与がある場合や一時的な出費に備える資金も必ず加味して作成します。

何年間かをこの表でシミュレーションすると、思っていたより住宅ローン返済中の貯蓄が増えないことや仮に何年間かの固定金利型の住宅ローンを利用した場合では、その期間後の変動金利に移行した場合の支払い額が、予測に反して増加することもあります。

よく金利キャンペーンと言って最初の何年間かはとても低い金利に設定されている住宅ローンもみられますが、その期間が終了すれば、変動金利に移行する住宅ローンもあるので、当初割高と考えられていた固定金利型の住宅ローンの方が、支払い額において結果的に得だったいう可能性もあります。

また、収入面の計算では、今後の上昇率の算定を最大年1%までの上昇とする方がより現実的と言えます。

このように厳格に資金計画を立てれると一見住宅購入にためらいをもつかもしれませんが、この計画を立てることで、住宅購入に対してより現実的で、納得のいく対応ができることになるのです。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件