住宅ローン以外のお金

住宅ローンの基礎知識

住宅購入時・購入後にかかる住宅ローン以外のお金

スポンサーリンク

住宅の購入時や購入後には、住宅ローン債務の返済以外にも様々なお金(住居費)がかかります。

先ずその代表的なものが、固定資産税や都市計画税等の税金です。

地域や物件によって当然その金額は異なりますが、首都圏の一般的な住宅では、年間約20万円ほどは見込んでおかなければなりません。

更に、マンションの場合は、管理費や修繕積立金、駐車場使用料もかなるので、その額は、毎月3万円程度を考えておく必要があります。

また、一戸建て住宅を購入しても、建て物は完成したし瞬間から劣化するので、メンテナンスや修繕費を毎月積み立てる努力も必要です。

更にここで注意しておかなければならないのは、新築マンションでは、初期の修繕費が実際に行われる将来の大規模修繕費に対して安く設定されていることです。

販売時には、少しでも管理費や修繕積立金を安くして、売ることを優先しようと考えるのも無理はありませんが、この金額では、適正な大規模修繕には対処できないことが大いに考えられるので、修繕積立金をある期間経過後にアップさせるマンションもあるので注意が必要です。

また、修繕積立金を入居時にある程度一括した大きなお金で納入させるマンションも存在します。

修繕計画は、マンション購入時点で出来上がって入りので、住宅の購入業者に積立金の将来の額についても納得のいく回答を貰うことが重要です。

このように住宅ローンの賢い利用には、その前提となる資金計画においてこのような住居費と呼ばれる住宅ローン返済費以外の出費のことも念頭において検討しなければなりません。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件