返済額

住宅ローンの基礎知識

毎月の返済額の検討

スポンサーリンク

住宅ローンを利用する際に最も気になるのが、どれ位の額の住宅ローンが借りられ、毎月どれ位の額を返済しなければならないのかということだと思いまます。

マイホームは、一生ものだから少し無理をしても自分の理想に近い物件を選択したくなるものですが、自分の現在の生活状況を考えて冷静に住宅ローンを設定することが重要です。

住宅ローン返済に回せる金額は、一般的に言って、現在の住居費(賃貸マンション等の家賃と管理費)と貯蓄可能金額です。

また、住宅ローンの返済計画をうまく無理なく立てるためには、何十年か先の住宅ローン返済完了時までの資金計画を立てることも重要です。

住宅ローン返済は、長期に及ぶのでその間に子供の大学進学などといった多額のお金が必要になる時期が訪れます。

また、収入面においては、定年後に住宅ローン返済を続けなければならない方もあるでしょう。

将来の状況の収支状況を現在の時点で具体的に把握することは不可能と言えますが、現在分かる範囲で住宅ローン返済完了までの家計の収支を大きくシミュレーションすることは、とても大事な事です。

そのために、現在家計簿をつけていない方は、簡単なもので構わないので家計簿をつけるようにしてください。

細かく1円単位で支出の勘定を合わせる必要はないのですが、家計簿をつけると家計における無駄な出費や家計の改善点が数字に表れて認識することができます。

あこがれのマイホームを手に入れて、その住宅ローン返済のために生活が極端に苦しくなっては、本末転倒なので、住宅ローン利用の際には、生活にゆとりの持てる資金計画を急がずじっくりと検討して立てることが重要です。

最近は、国家の名称独占資格者であるファイナンシャル・プランニング技能士や住宅ローンアドバイザー等も適切な住宅ローン返済計画の作成の相談を受けているので、これらの専門家の助言を受けて資金計画を立てることも検討の余地があると言えます。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件