自己資金

住宅ローンの基礎知識

自己資金について

スポンサーリンク

住宅ローンを利用してマイホームを購入するとしても、自己資金は必ず必要です。

自己資金とは、いわゆる「頭金」の他に住宅購入時に現金で支払う「諸経費」お金のことです。

住宅ローンを利用して住宅を購入するにしても、自己資金はその後の返済を考えると多いに越したことはありません。

それでは、自己資金はどれ位用意すればよいのかというと、一般的には、住宅購入価格の30%相当額の自己資金を用意すべきと言われています。

3000万円の物件なら1000万円程度用意すれば住宅ローンの返済がかなり楽になります。

一般の住宅ローンの利用では、購入物件の100%融資は行ってくれません。

殆どの住宅ローンでは、物件価格の80%を限度として融資額としているので、「頭金」は、少なくとも20%用意する必要があります。

頭金が多ければ多いほど金利負担が少なくなるので、住宅ローン利用の際の「頭金」の多寡は、住宅ローンの総返済額に非常に大きな影響を及ぼします。

また、住宅を購入する際に忘れてはならないのが、諸経費と呼ばれる出費です。

諸経費には、売買契約書に貼る印紙税や不動産取得税、不動産会社への仲介手数料の他、不動産登記のための登録免許税や司法書士への抵当権登記手続き手数料、団体信用保険保険料、火災保険等多くの費用がかかります。

マンションでは、将来の大規模修繕に備える修繕積立金の一時金徴収も、10万円から30万円程度覚悟する必要があります。

諸経費の一般的な目安は、新築物件の購入に際しては、物件価格の3%程度、中古住宅の購入では、約5%程度と言われています。

その他、住宅が新しくなることで、家具や生活・インテリア用品等も新しく準備する必要もあるかも知れないので、「頭金」を含めた自己資金の額は、物件価格の約3割の準備が理想と言えます。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件