返済期間

住宅ローンの基礎知識

返済期間はどう定めるのか

スポンサーリンク

住宅ローン返済は、長期に渡る返済であり、家計支出におけるの重要な位置を占めていきます。

そこで毎月の生活を少しでも楽にするために返済期間を長くして、月々の返済額を抑えることも考えられます。

しかし、返済期間を延ばせば延ばすほど金利負担は増加しますし、定年などの家計に大きな影響を与える要素を住宅ローン返済計画の中に必ず織り込んでおく必要があります。

通常の住宅ローンの返済期間は、最大35年間ですが、35歳で住宅ローン融資を受けた場合でも、35年後には70歳になっています。

もちろんお元気で働いていらっしゃる方もいらっしゃるかも知れませんが、退職後は、先ずは年金と貯蓄、退職金のみで生活すると思うのが賢明です。

退職金で、残りの住宅ローンを全額支払うといった計画もありますが、将来どうなるか分からない経済状況を考えると、この考えは止めた方がよいよ思います。

住宅ローン返済は、少なくとも65歳位までに返済完了すづのがお勧めで、理想を言えば、定年になるまでの間で完済すべきです。

また、先ほども申し上げた通り、月々の返済額は、金利と返済額で決定されるので、頭金を多くし、返済期間を長くすればそれだけ全体として家計に与える「負」の影響は多くなります。

住宅ローンを提供する各金融機関では、住宅ローン早見表をネット上で提供しているので、その早見表で返済額のシミュレーションを1度行ってください。

金利3.5%で2000万円を住宅ローンで借り入れた際の総支払額は、20年返済の場合は、2800万円足らずに対して、30年返済の場合は、3200万円を超える額になります。

ここに400万円以上の総支払額の差が表れてきます。

住宅ローン返済では、月々の返済額が大きくなりすぎて生活を圧迫するを避ける必要がありますが、総支出額を考慮した返済計画の設定も重要で、この計画には、頭金を如何に たくさん用意するかも考慮してください。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件