住宅ローンシミュレーション

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンシミュレーション利用のための基礎知識

スポンサーリンク

住宅ローンをシミュレーションするためには、ある程度の住宅ローンに対する知識は必要ですが、いずれも簡単な事なのでここではそれらの知識について少し御説明しようと思います。

1 先ずは借入金額。この金額は実際に融資を受けた住宅ローンの「元金」のことです。

2 返済方法。返済方法は、大きく分けて元金均等払いと元利均等払いがあり、前者は元金を均等して支払い、後者は元金+金利を均等に支払う返済方法です。一般に元金均等返済の方が当初の支払額は多いのですが、総ローン返済額では少なくなります。

3 金利タイプ。金利タイプは大きく分けて固定金利型・変動金利型・固定金利期間選択型の3種類あります。

固定金利型は、返済期間の初めから終了まで金利が変化しないので、安定した返済計画を立てられることがメリットです。

変動金利型は、返済期間中金利が変動しますが、通常固定金利型に比べ当初金利が低く抑えられています。

しかし金利上昇のリスクは抱えています。

固定金利期間選択型型は、借り入れ当初の利率が固定され、その後固定期間終了後に金利が変動する

金利タイプで、変動金利型の一種です。

現在この金利タイプはとても多くの金融機関で採用されています。

よく目にする金利キャンペーン や優遇金利等の住宅ローンでは、大半がこのタイプと言ってもよいでしょう。

しかし、この金利タイプは、あくまで期間限定の固定金利なので、何年か経って変動金利になった時、「こんなに負担が増えるのか」と思う可能性もあります。

この金利タイプで住宅ローンを利用する場合は、特に将来の資金計画について具体的にシミュレーションすることが必要であると考えます。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件