住宅ローン前提

住宅ローンの基礎知識

住宅ローンシミュレーションの前提知識

スポンサーリンク

具体的に住宅ローン返済のシミュレーションを行うには、現在の家計を分析してみなければなりません。

今住んでいる住まいの家賃を基本に、住宅を購入した時の管理費や固定資産税等の税金やメンテナンス費用等も考慮する必要があります。

その上で、現在の支払い能力を入力し、いくらまで住宅ローンの借り入れができるのか、又はその逆に購入したい物件は、いくら支払っていけば入手可能なのかをシミュレーションします。

用意できる頭金やボーナス支給時の返済額についても計画を立てておきます。

例えば、借入金2000万円、全期間固定金利3%、返済期間35年の場合では、ボーナス併用払いしない場合では、月々の返済額は、約77000になりますが、ボーナス返済を年に2回約18万円程行えば、月々の返済額は、5万円以下になります。

しかし、ボーナスは変動の幅が大きいので、なるべく低く設定してシミュレーションされることをお勧めします。

また、各金融機関では年収に占める返済比率が決められているところがほとんどです。

返済比率とは、初年度の年間返済額を年収で割ることで求め、通常25~40%に設定されています。

住宅ローンのシミュレーションは、ある程度の基本知識を得た後は、先ず実際に試してみることが第一です。

分からないことがあれば自分で調べ検索することで、住宅ローンそのものの知識や理解が得られます。

それも退屈せず活きた知識が得られるので、経験のない方は、すぐにチャレンジしてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

PageTop

資金計画

仕組み

シミュレーション

フラット35

住宅ローン控除

繰り上げ返済

返済条件の変更

お問い合わせ




住宅ローンの基礎知識 - 資金計画の重要性 - 金利タイプ - 返済シミュレーション - フラット35 - 住宅ローン控除

繰り上げ返済 - 返済条件